店長・浦辺直子 (うらべ  なおこ)  株式会社SRS 代表取締役

山口県宇部市生まれ

学歴および職歴

  • 高知リハビリテーション学院を卒業し
    理学療法士免許取得。
  • 病院・デイケアセンター・特別養護老人ホーム・老人保健施設の理学療法士やケアマネージャーとして従事。

 

 

商品開発担当・浦辺幸夫 (うらべ ゆきお) 株式会社SRS 取締役

昭和34年石川県七尾市生まれ

学歴および職歴

  • 西湊(小丸山)小学校、御祓(みそぎ)中学校、七尾高等学校を卒業
  • 高知リハビリテーション学院を卒業し理学療法士免許取得
  • 石川県公立能登総合病院理学療法士、北海道札幌医科大学(短期大学)助手、
  • (財)日本体育協会スポーツ診療所理学療法士、(財)スポーツ医・科学研究所理学療法士ならびに研究員。その間に北海学園経済学部卒業、名古屋市立大学大学院日本経済・経営学専攻修士課程修了(経済学修士)。
  • 広島大学医学部保健学科講師、助教授。広島大学で医学博士を取得し、平成17年より教授ならびに広島大学大学院保健学研究科スポーツリハビリテーション研究室教授。

研究内容

  • 著書:浦辺幸夫:スポーツ理学療法. 医歯薬出版 2008年
  • 日本語論文300編以上、英語論文30編、学会発表800件以上
    ・電気刺激と筋肥大 ・腰痛のリハビリテーション ・足関節捻挫のリハビリテーション ・テーピング効果の分析 ・下肢アライメントと膝前十字靱帯(ACL)損傷 ・膝前十字靱帯(ACL)損傷のリハビリテーション ・膝前十字靱帯(ACL)損傷予防プログラム ・足関節捻挫の予防 ・スキーでの膝前十字靱帯(ACL)損傷の予防 ・バスケットボールでの膝前十字靱帯(ACL)損傷の予防 ・ハンドボールでの膝前十字靱帯(ACL)損傷の予防・足関節自動運動装置の開発 ・転倒予防靴下の開発 ・背筋椅子の開発 ・外反母趾対策靴下の開発 ・転倒予防加速度計の開発 ・ゴルフスイング強化装置の開発 ・背筋筋力強化装置の開発
  • 研究費:文部科学省からの科学研究費、多数。企業との共同研究、受託研究、多数。

社会活動

  • アジア競技大会(ソウル、北京、広島)、ユニバーシアード大会(バッファロー、福岡、マヨルカ)、オリンピック大会(長野)等の医務班、理学療法士、トレーナーとして帯同。水泳パンパシフィック大会、世界競泳のトレーナー。ハンドボール日本リーグトレーナー。愛知県、広島県の国体選手団役員(トレーナー)。
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー(マスター)。日本水泳トレーナー会議副代表。広島県体育協会スポーツ医科学委員会委員。
  • 日本理学療法士協会会員(IFSP国際担当役員)。日本運動器科学会評議員。国際スキー安全学会理事。

受賞

  • 医学書院優秀論文。中国経済産業局表彰。広島県水泳連盟功労賞。広島県理学療法士会功労賞。

 

Comments are closed.