「外反母趾対策靴を履くと効果がありますか?」という質問がよくあります。
この場合の効果とは何をさすのでしょうか?

まず、外反母趾対策靴下をはくと、それだけで外反母趾の変形の角度が小さくなるという効果を間違いなく感じるでしょう。これは目でみると明らかです。

 

外反母趾の変形の角度が大きい人の方が、変形した角度を元に戻しやすくなります。しかし、もともと変形が大きいので、まったく足の趾がまっすぐにな
るというわけにはいきません。外反母趾の変形の角度が小さい人では、変形した角度を元に戻す効果は小さいのですが、足の趾がよりまっすぐにきれいに戻ってきます。
外反母趾の変形が小さくなるというのは1つめの効果です。

足の母趾がまっすぐに近づくとどうなるか?
足の母趾の曲げ伸ばしがしやすくなります。外反母趾の変形が強くなると、足の母趾の曲げ伸ばしがやりにくくなります。
足の母趾の曲げ伸ばしがしやすくなることが2つめの効果ですね。

足の母趾の曲げ伸ばしがしやすくなるとどうなるか?
立っているときに、足の母趾でしっかり地面をつかまえることができます。
これが3つめの効果です。

足の母趾にしっかり体重がのることで、バランスがよくなります。
これが4つめの効果です。

スポーツ・リハビリテーション・システム(SRS)が開発した商品は、さまざまな研究の成果ということもできます。これらの効果は、科学的に分析し証明が進められています。

 

回答者 株式会社 スポーツ・リハビリテーション・システム (SRS) 社長 浦辺直子


関連情報

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*