「後悔先にたたず」という諺があります。なににつけても予防というのはたいへん難しいということなのだと思います。

私たちが高齢者のお世話をしているとき、「この人は転倒しそうではないか?」と感じることがあります。さてどうすればよいでしょうか?

人が歩けば、転倒するリスク(危険)は必ずあります。

病院や医療機関、高齢者が利用する施設では、その利用者が転倒する確率はやはり高いのです。高齢者が転倒すると大腿骨頸部骨折や、脊椎の圧迫骨折を起こし、それが寝たきりの原因になることはすでにお話ししました。医療機関に入院している人は、病気の治療が目的ですから、入院期間は毎日慣れない場所で「非日常的な生活」を強いられます。また、病気と闘う毎日は心理的にも不安定な状態を招きます。

そんななかで、思いもよらぬところで転倒事故が起こることが多いのです。転倒事故は、高齢者でもともとからだが弱っている人に起こるとは限りません。たとえば心臓病の治療中で、足元がおぼつかないなどとは誰も考えなかったような人が転倒事故を起こしたりすることがあります。やはり、不安な闘病生活で注意力が低下した結果かもしれません。

このような高齢者が利用する施設内での転倒事故を予防するために、あちこちで「転倒予防靴下」の使用が試みられるようになってきました。「転ばぬ先の杖」ではなく「転ばぬ先の転倒予防靴下」でありたいと考えています。

回答者 スポーツ・リハビリテーション・システム 社長 浦辺直子

 


関連情報

Comments are closed.